SE構法のメリット・デメリット

SE構法ドリフトピン

こんにちは。

 

本日は、SE構法の上棟状況の一部をアップさせていただきます。

 

その前に、

 

SE構法の柱と梁の接合部に使用されるピンをご存知ですか?

 

『ドリフトピン』と呼ばれるピンで、

 

形状がただのまんまるではないんです。

 

 

写真で分かりにくいかと思いますが、

 

よく見るとピンが羽のような形をしています。

 

この向きがとても重要で、

 

ご存知の通り、集成材の向きに合わせてこのピンを打ち込むように

 

決められています。

 

これを逆向きに打ち込んでしまうと材料を傷めてしまう事になり兼ねません。

 

こんな所にも注意して見ていただきたいです。

SE構法基礎

SE構法基礎の精度

ピックアップ記事

  1. SE構法 アンカーボルト

関連記事

  1. 耐震について

    SE構法 東日本大震災 3.11

    今回はもうすぐ発生から6年が経とうとする東日本大震災について。…

  2. 耐震について

    耐震構法SE構法 上棟

    こんばんは。本日は、先日実際に上棟させてい…

  3. SE構法のメリット・デメリット

    4号特例 構造計算をする?しない?その①

    『4号特例』という規定をご存知ですか?木造住宅の構造検査が免除…

  1. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法 アンカーボルト
  2. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法の金物 結露?
  3. SE構法のメリット・デメリット

    耐震構法SE構法 土台・大引伏せ
  4. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法梁金物とL90
  5. SE構法のメリット・デメリット

    耐震構法SE構法とビッグフレーム構法との違い①
PAGE TOP