SE構法のメリット・デメリット

SE金物

今回はSE金物について

 

 

SE構法の構造材はこのように現場に搬入されます。

 

 

分かりますか?

 

 

 

 

SE構法の構造材にSE金物が取り付いてない状態で

 

 

写真のように現場搬入されます。

 

 

そして、各現場にて

 

 

 

このように金物を取付けていきます。

 

 

 

 

敷地が広く、材料がたくさん置ける場所があれば良いのですが、

 

 

なかなかそんな敷地もなく、材料が広げる事が出来ないのが現状では

 

 

ないでしょうか。そんな状況の中でこの作業は少しデメリットが大きいのでは、、、

 

 

 

 

このSE金物を工場にて取付することも可能なのですが、

 

 

取付ける事によって1台のトラックに積める量が減り、

 

 

結果的にトラックの台数が増え、コストアップということになってしまいます。

 

 

裏を返せば、金物取付が手作業というのも

 

 

SE構法の特徴といえるのではないでしょうか。

 

 

 

基礎がゴツイ!

SE構法 東日本大震災 3.11

ピックアップ記事

  1. SE構法 アンカーボルト

関連記事

  1. SE構法のメリット・デメリット

    構造計算の簡略化 構造計算をする?しない?その②

    こんばんは。今回は、前回の続き『構造計算の簡略化』についてです…

  2. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法アンカーボルトセット

    こんにちは。本日も暑い一日となりました。…

  3. SE構法のメリット・デメリット

    28ミリ構造用合板

    今回は、一般にSE構法で使用される床材、構…

  4. SE構法のメリット・デメリット

    SE柱脚金物の据え方

    こんにちは。今回は、SE構法の特徴でもある…

  5. SE構法のメリット・デメリット

    耐震構法SE構法 土台・大引伏せ

    こんばんは。本日は、とある現場の土台伏及び…

  1. SE構法のメリット・デメリット

    SE金物
  2. SE構法のメリット・デメリット

    構造計算の簡略化 構造計算をする?しない?その②
  3. SE構法のメリット・デメリット

    断面欠損。 在来工法
  4. SE構法のメリット・デメリット

    耐震構法SE構法 上棟
  5. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法アンカーベース
PAGE TOP