未分類

SE構法基礎の精度

こんにちは。

 

本日は、SE構法の基礎及びアンカーボルトについて

 

少しだけ説明させていただきます。

 

もうご存知の方も多いかと思いますが、

 

SE構法は、基礎と柱を強固に緊結させることにより、

 

今までの在来工法にはない引き抜き強度を保っています。

 

その重要な役割を果たすのが、

 

次の写真の柱脚アンカーボルトです。

 

 

それだけに、他の工法には例をみない位の施工精度を必要としているのも事実です。

 

このように、SE構法は誰でも簡単にできる構法ではないというのも特徴の一つと言えると思います。

 

SE構法を知り、ある程度経験を積んだ職人さんが、

 

手間暇かけて施工しないと、その後の施工精度に大きく影響があるかと思います。

 

 

SE構法ドリフトピン

SE構法完成見学会 in 豊川市『蔵子の家』

ピックアップ記事

  1. SE構法 アンカーボルト

関連記事

  1. 未分類

    構造計算書

    こんにちは。本日は、た…

  1. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法メリット・デメリット
  2. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法と熊本地震 シュミレーション
  3. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法アンカーボルト材料検収。
  4. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法耐力壁確認
  5. SE構法のメリット・デメリット

    構造計算の簡略化 構造計算をする?しない?その②
PAGE TOP