SE構法のメリット・デメリット

筋交いは無。

こんにちは。

 

本日は、SE構法の耐力壁について。

 

その前に、皆さん『筋交い』ってご存知ですか?

 

 

この写真のような斜めに入れた材の事を

 

『筋交い』と呼んでいます。

 

これによって壁の強度を保つように設計されています。

 

しかしながら、この『筋交い』がSE構法にはないのです。

 

その代わりに、

 

このようなものがあります。↓

 

 

壁を構造用合板を打つ事によって強度をだしている耐力壁というもの。

 

 

写真でも見て分かるようにSE構法では、釘の種類や釘の長さ、釘の打つ間隔などが

 

細かく指定されていて、その通りに打つように指導されています。

 

勿論、検査も行なわれて厳しくチェックしていただきます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

SE構法デメリット金物 西尾市『田貫町の家』にて

SE構法アンカーボルト材料検収。

ピックアップ記事

  1. SE構法 アンカーボルト

関連記事

  1. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法木質フレームシステム

    こんばんは。本日は、久々にこんなものをもち…

  2. SE構法のメリット・デメリット

    SE金物

    今回はSE金物について…

  3. SE構法のメリット・デメリット

    耐震構法SE構法 土台・大引伏せ

    こんばんは。本日は、とある現場の土台伏及び…

  4. SE構法のメリット・デメリット

    4号特例はなぜできた? 構造計算をする?しない?その③

    こんばんは。今回はいよいよ最終。なぜ『4号特例』ができたのでし…

  1. SE構法のメリット・デメリット

    精度が命SE構法アンカーボルト
  2. SE構法のメリット・デメリット

    基礎から部材強度に至るまで、すべて構造の安全性の証明の為に。
  3. SE構法のメリット・デメリット

    SE金物が熱橋に、、、
  4. 耐震について

    耐震構法SE構法 上棟
  5. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法アンカーベース
PAGE TOP