SE構法のメリット・デメリット

耐震構法SE構法 ドリフトピン

こんにちは。

 

本日は、耐震構法SE構法のドリフトピンについてです。

 

このドリフトピンもいくつか種類があって

 

どのサイズのピンをどの部位に使用するか決まっています。

 

 

 

 

 

 

 

そして、これらのドリフトピンを

 

打ち込む時にも注意が必要なんです。

 

つぎの写真をご覧いただいたらお分かりの通り、

 

大工さんが一本一本向きを合わせて打ち込んでいます。

 

SE構法の構造材の集成材の向きに

 

ドリフトピンの『羽根ハネ』の向きを合わせます。

 

これを合わせないとSE構法の構造材を傷めてしまうこともあり得るのです。

 

こういった事にも注意して上棟時に作業を進めていきたいですね。

 

 

小さい事ですが、確実に施工していきたいですね。

 

耐震構法SE構法 柱脚金物PB12取付

耐震構法SE構法 ドリフトピン打ち込み

ピックアップ記事

  1. SE構法 アンカーボルト

関連記事

  1. SE構法のメリット・デメリット

    SE金物が熱橋に、、、

    こんにちは。本日は、耐震構法SE構法の金物…

  2. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法基礎

    こんにちは。本日は、耐震構法SE構法の基礎…

  3. SE構法のメリット・デメリット

    28ミリ構造用合板

    今回は、一般にSE構法で使用される床材、構…

  1. SE構法のメリット・デメリット

    基礎から部材強度に至るまで、すべて構造の安全性の証明の為に。
  2. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法の金物 結露?
  3. 耐震について

    耐震構法SE構法 上棟
  4. SE構法のメリット・デメリット

    基礎がゴツイ!
  5. デザインについて

    第13回 重量木骨プレミアムパートナー総会
PAGE TOP