SE構法のメリット・デメリット

基礎コンクリートの打継部に注目です。

こんばんは。

 

本日は、意外にされていない事実。

 

基礎コンクリートの打継ぎ部分の処理についてです。

 

↓ この写真を見ていただきたい。

 

 

これは、基礎のベースコンクリートと基礎の立上りコンクリートのいわゆる打継部の

 

防水処理の写真です。

 

一般的に、基礎のコンクリート打継部はGL(グランドライン)地盤面よりも

 

上にあるのが多いのですが、まれにやむを得ず地盤面よりも低く設定される場合が

 

あります。そういった場合、写真のように防水工事を行なわないと、

 

建物の中、床下にどんどん雨水が侵入してきてしまいます。

 

一度侵入してきた水は中々、蒸発してくれません、、、

 

そうなると、当然建物にはよいことはないのが想像できるかと思います。

 

床の合板にカビが生えたり、断熱材が湿気ったり、、、

 

そんな事が起こらないためにも、出来る限り防水工事を行ないたいものです。

 

 

 

SE金物が熱橋に、、、

SE構法耐力壁確認

ピックアップ記事

  1. SE構法 アンカーボルト

関連記事

  1. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法アンカーボルトセット

    こんにちは。本日も暑い一日となりました。…

  2. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法って集成材。

    こんにちは。本日は、SE構法の構造材を見て…

  3. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法スパン 3.5間飛ばし、、、

    こんにちは。今回は、耐震構法SE構法の特徴…

  4. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法と熊本地震 シュミレーション

    おはようございます。本日は、SE構法のNC…

  5. SE構法のメリット・デメリット

    28ミリ構造用合板

    今回は、一般にSE構法で使用される床材、構…

  1. SE構法のメリット・デメリット

    SE構法スパン 3.5間飛ばし、、、
  2. SE構法のメリット・デメリット

    東海地区施工実績No.1工務店。
  3. SE構法のメリット・デメリット

    耐震構法SE構法 CN75 CN50 CN90
  4. SE構法のメリット・デメリット

    基礎から部材強度に至るまで、すべて構造の安全性の証明の為に。
  5. SE構法のメリット・デメリット

    筋交いは無。
PAGE TOP